特撮(時にアニメも)キャラや作品を面白く雑談するブログです。


by kosaisiarai

剣ザメ仮面 死の鳥仮面 鉄蛇仮面 鋼鉄虎仮面

b0295775_77122.jpg

秘密戦隊ゴレンジャーの黒十字軍仮面怪人、今度は動物モチーフの怪人達を上げます。当記事には一応四体の画像をアップロードしました。何故この四体か?というと、四体だけが画像検索において適切な写真を見付ける事が出来た、というのが理由です。
動物モチーフと言えば「仮面ライダー」の専売特許の様に思いますが、不気味さ(特に初期)を売りにしたショッカー怪人とはまた対称的に、仮面怪人の場合、頭が大きく表情も感情を露わにした様で、一言で言うなら「怖い顔をしたゆるキャラ」のイメージ(これはアイテムモチーフの仮面怪人にも言える事だが)です。
とは言え、以前の記事でも申し上げましたが、私は動物モチーフの仮面怪人のデザインセンスは実は余り好きじゃないんですね。正直、仮面怪人と言う以上は、デザイン意匠を全て首から上に集中させる(ライダー怪人の場合は、ほぼ全身か最低でも上半身に意匠を入れる)べきではなかったか?と思います。
剣ザメ仮面は奴が登場する少し前の時期にヒットしていた映画「ジョーズ」を意識したのでしょう。死の鳥仮面は鳥と言うよりは翼竜です。どちらも大きな頭が実に漫画チックですが、やはり「仮面怪人」というセオリーから言えば、自分的には剣ザメ仮面の頭部は「忍風戦隊ハリケンジャー」のジャカンジャ幹部サンダールの様な尾頭付きデザインが良かったと思うし、死の鳥仮面の翼と腕はそれぞれ独立させ、翼は頭部から生えている(ついでに、尾もポニーテールの様に後頭部から生える)デザインで見たかったです。
鉄蛇仮面は「仮面ライダーストロンガー」のデルザー魔人蛇女の劣化コピーとしか思えません。むしろ、頭部は蛇のトグロのデザイン(ショッカー首領で先にやってしまったが)の方が面白いと思うし、頭でっかちのスミロドンといった感じの鋼鉄虎仮面になると、スタッフのアイデア切れ 息切れぶりが感じられます。これだったら張り子の虎モチーフの方が鉄獅子仮面と好一対になって面白かったでしょう。一方、同じ虎モチーフで「タイガー仮面」というのもこの後更に登場します。背中の虎縞マントは流用でしょうか?デザイン上の差別化も図られ、工夫も感じられて、デザインも悪くないのですが、アイデアとしては?ですね。
鉄蜘蛛仮面というのもいます。でも、「トリプルファイター」のクモデランのデザインの方がよっぽど相応しいと思えたし、妖貝仮面も、頭部ではなく全身で怪人しているという造形で、むしろエゴス怪人の方にこそ相応しかったかも知れません。奴の場合、「宇宙刑事シャリバン」の魔界獣エイビーストの様に、貝殻が頭部をプロテクトする(頭部さえ無事なら復活可能という設定)というアイデアの方が私は好きですね。
他にマンモス仮面もいますが、化石をイメージしたデザインはエゴスのナウマン怪人に繋がるイメージを感じました。とは言え、キバ男爵風のマンモスの頭蓋骨のイメージの方が、角骨仮面と好一対になって私としてはやはりそちらで見たかったです。尚、蝙蝠モチーフの仮面怪人はいませんが、もしいたとしたら、「変身忍者嵐」のドラキュラの変身体の様なイメージで見たかったです。あと、映画に登場した鋼鉄剣竜はネーミングこそ「〇〇仮面」ではありませんが、ステゴザウルスの様な剣流を頭部に乗っけたようなデザインで、しかも映画怪人に相応しい様なヘビー級の造形でした。

動物モチーフの戦隊怪人はこの後作品の「ジャッカー電撃隊」等、多くの戦隊作品にも登場します。モチーフを動物でほぼ統一した戦隊作品もあり、デザイン上にもそれぞれに特徴がありますが、その事についてはまた別の記事で触れたいと思います。
[PR]
by kosaisiarai | 2013-09-22 07:06 | 戦隊怪人