特撮(時にアニメも)キャラや作品を面白く雑談するブログです。


by kosaisiarai

仮面怪人(黒十字軍)総括

b0295775_1020247.jpg

画像は一応黒十字軍の四大幹部ですが、ここでは黒十字軍の仮面怪人全体について述べます。
改造人間なのかロボットなのか?はたまた異次元から遣って来たのか?「怪人」という名称で括られた悪の仮面のエージェント達、奴らの特徴は大雑把に言うなら、「頭部デザインがキャラクターのアイデンテティそのもの}という事でしょうね。頭部のみのデザインなら「トリプルファイター」のデーモン怪人という先例もあります。しかし、デーモン怪人は基本はノーモチーフ(クモデランとか例外も有り)ですが、仮面怪人は明確なモチーフを持っています。初期怪人にはモチーフがカオスな奴もいましたが、次第に明確化され、それに伴ってギャグ色が強くなります。尚、「ジャッカー電撃隊」の後期のクライムロボや、「宇宙鉄人キョーダイン」のデス五人衆も、おそらくコストの都合上なんでしょうけれど、頭部のみの造形でした。
私の「オリジナルの怪獣怪人」ギャラリーでも、私オリジナルの仮面怪人は、意匠を全て首から上、というセオリーを守っています。動物モチーフの仮面怪人も思い付きましたが、それらのデザインについてはむしろ、「ジャッカー電撃隊」のビッグ1編のクライム怪人のアイデアの方に回しました。その場合「魚モチーフは頭部デザインを尾頭付き、鳥モチーフは両翼を耳、尾翼をポニーテールにアレンジ」といったデザイン処理上の私的セオリーに拘っています。また、エゴス怪人やベーダー怪物等において実際に使われたのと同じモチーフを、逆方向に発展させて創造した私オリジナルの仮面怪人も実は多いです。
もし深夜番組とかでゴレンジャーがリメイクされたら?今度は正義の巨大ロボが登場する事になるでしょう。敵側も、仮面怪人が倒されると、怪人と同じ頭部デザインの巨大ロボ(首から下の重厚なボディは使い回し)というのが良さそうです。そうなると、頭部に怪人の全衣装が込められたデザイン、がより必然的なものになる(たまに巨大ロボが登場しない回もあるだろうけど)でしょうね。

何か苦言ばかりになった様ですが、でも、アイデアとしては実に面白いのが多いです。ただ、この時はその後のシリーズ化を意識していなかった事で、怪人のモチーフやデザイン処理に統一感を欠き、方向性が纏まらなかったという事情もあったと思います。特にラスト近くはアイデア的に息切れすら感じました。
でも、岡本太郎美術(実際は南米あたりの民族美術らしい)を思わせる日輪仮面は貫禄すら感じさせ、先に登場の三日月仮面とは好一対、鉄人仮面テムジン(幹部も将軍クラスになると名を名乗れるらしい)のデザインも気品あふれるもので、マスクのデザインは「バトルフィーバーJ」のバッファロー怪人や、「仮面ライダーブラックRX」の怪魔ロボ ヘルガデムに繋がるイメージです。バリブルーンを道連れにするという最期も立派でした。冷徹なテムジンと対照的(声は同じ人なのだが)に、火の山仮面マグマンはその如何にも短気で短絡的そうな不定形デザインから受けるイメージに違わず、実に情けない最期を遂げました。かつての「ゲバゲバ一座のちょんまげ90分」の、「私は渡辺崋山(火山)です。ドッカーン!」というギャグも思い出してしまいます。思えば奴の登場から配下にギャグ系怪人が頻繁に登場するようになったのですね。最後の幹部となったのは在任期間が最も長いゴールデン仮面でエジプトの王がモチーフ。奴の配下の仮面怪人はもう「何でもアリ」でした。ネーミングは最初に戦った黄金仮面へのオマージュ?また、「ジャッカー電撃隊」には、奴の劣化コピーを思わせるクライムロボ デビルスフィンクスが登場しました。
私敵には首から下までも作りこんだ怪人よりは、造形が首から上の奴の方が何故か好きです。最近の戦隊怪人は余分にコストを賭け過ぎとさえ思います。首から下も単なるウエットスーツ風ではなく、例えば、野球仮面のユニフォームとか、鉄ワナ仮面のマタギ風とかいった、キャラの特性に合わせたコスチュームが良いですね。「オリジナルの怪獣怪人」ギャラリーでの、弦楽器六人衆のアイデアでは、ヴィオロン仮面はタキシード、三味線仮面は裃に羽織袴、琵琶仮面は僧侶服に袈裟、バンジョー仮面は西部劇風、ウクレレ仮面はアロハシャツ、エレキギター仮面はミリタリー服 と描き分けてあった筈です。そういった拘りもまた楽しいものです。
[PR]
by kosaisiarai | 2013-09-22 10:29