特撮(時にアニメも)キャラや作品を面白く雑談するブログです。


by kosaisiarai

魔怪獣ビースト(宇宙刑事シャリバン)

b0295775_21473355.jpg

「宇宙刑事シャリバン」に週替わりの敵キャラクターとして登場するのが「〇〇ビースト」の名で統一される魔怪獣(「魔界獣」かとも思いましたが「魔怪獣」が正しい様です。)ビースト(獣)です。ネット上で写真画像が見付からず(「ウルトラマンネクサス」のスペースビーストや、「仮面ライダーウィザード」のライダービーストの画像しか出てこないんですよ。)、已む無く誰かさんのサイトにあったイラストから拝借しました、御免なさい。
キャラクターコンセプトとしては、「ギャバン」の後期のダブルモンスターをよりパワーとボリュームをアップさせた、といった感じです。モチーフとしてはやはりカオス(具体的な形のない)なものが大部分ですが、エイ ワシ クマ アンコウ サメ ウツボ サメ といった動物モチーフ(何故か魚が多い)も数体います。何よりも最大の特徴は着ぐるみに仕込まれた変形ギミックを持つ奴が多いという事。特に頭部が外れたり開いたりして別の頭が現れるというパターンが多用されていますが、過去には「怪傑ライオン丸」でも、ゴースン怪人 ギンザメ フラワンダーで使用されていたし、「仮面ライダーアマゾン」のガマ獣人、「仮面ライダーストロンガー」のクラゲ奇械人、「仮面ライダーZX」のサザングロス、「五星戦隊ダイレンジャー」のガマ口大僧正、「超神ビビューン」の妖怪ガリキ、後には「超人機メタルダー」の機甲軍団人や、「ビーロボ カブタック」「鉄ワン探偵ロボタック」の変形シークエンスにも使用されるという、特撮怪人においては特に特別な技法ではなく、案外多用されています。
第一話に登場したゴリビースト(ゴリラモチーフではなく、名が「ゴリ押し」に由来というカオスなモチーフ)は、顔が上下反転するという、まるで「騙し絵」を思わせるそのデザイン造形は後に「トミカヒーロー レスキューファイヤー」に登場する最高幹部ジョウカエンにも繋がります。続くエイビーストは顔が左右にエイの鰭(と言うか、シャコ貝の貝殻風 余談ながら「ゴレンジャー」の妖貝仮面はこういうデザインの方が良かった!)の様に開いて中から別の顔が現れるし、マグマビーストも同様です。ユーフォービーストは頭部が外れて中から別の顔が現れ(外れた部分も分身として襲いかかってくる)、ダブルビーストは前後に顔があり、「ジャイアントロボ」のダブリオンの様に前後の顔が逆転します。また、頭部ギミックではありませんが、ブンリビーストは二体のビーストが前後に合体(左右合体なら「仮面ライダーブラックRX」のトリプロンがいるけれど)してドドンゴの様な形状になるという、その豪華さとボリュームは、私が製作スタッフだったなら、絶対に前後編二話に話を引き伸ばすでしょうし、後の「光戦隊マスクマン」の地底獣ドグラー(地底獣の愛の一部が分離し、その部分も着ぐるみ造形の地底獣に変形する。ただしそれは初期のみで、コストと手間という都合もあって、変形無しの分離のみとなり、更には分離もしなくなった。)にも繋がります。
魔怪獣ビーストをデザインしたのは野口竜氏。流石に氏のデザインした怪人はどれも一話限りで終わらせるには余りにも惜しいものばかり。再生復活(折角レイダーがいるんだから、亡霊という形でもっと復活させて欲しかった。)軍団も見たかったし、ギミックをより凝らした二号怪人(倒されたビーストの弟とかジュニアとか)を出しても面白かったと思います。
ビーストとは別に、傭兵キャラとして、宇宙海賊ベムサソリ(「仮面ライダーX」のGOD悪人軍団にいても違和感なさそう、それにしてもシャリバンの、奴の脚や尾を情け容赦なく切り落とすという倒し方がエグ過ぎ!)更にはガマゴン大王(人間大のガマガエルと言うよりは、「超神ビビューン」のガルバーを整然とさせた様なイメージ)というイレギュラーな敵キャラクターも登場しました、何れも最終回付近で倒されています。
[PR]
by kosaisiarai | 2013-12-06 21:50 | メタルヒーロー怪人