特撮(時にアニメも)キャラや作品を面白く雑談するブログです。


by kosaisiarai

不思議獣(宇宙刑事シャイダー)

b0295775_19281313.jpg

明けましておめでとうございます。近年多忙という事も有って、意識だけが先 に走る中、 なかなかブログへの書き込みが進みませんが、今年も書き込みを頑張ってみようと思います。
「あまちゃん」効果もあってか、NHKの朝の連ドラ配信がちょっとしたブームらしいですが、私自身のマイブームとして、韓国ネットによる懐かしい日本の特撮作品の配信にハマっています。時間が幾らあっても足りません。特撮離れをしていた時期の作品、テレビ未登場のオリジナルDVD作品、深夜放送作品を主に、未拝見作品を片っ端から視聴しています。新たな発見が有ったりもします。
さて、「宇宙刑事シャイダー」に週替わりに登場するのが「不思議獣」で、帝王クビライの口から吐き出される卵から生み出されるという、男が卵を生み出すというのは、まるで「かいけつタマゴン」という懐かしい五分間アニメを思い出させます。不思議獣のデザインは野口竜氏によるものが大部分。ネーミングは「バリバリ」「ペトペト」といった同じ言葉を繰り返す四文字ネームで、デザインコンセプトは、世界各国の民族美術に登場する仮面や偶像、神仏像といったイメージで、たまに近代美術に登場するようなシュールなイメージもあったりします。モチーフに関しては具体的なものもありますが、全体的には前作「シャリバン」のビースト以上にカオスで、単に見た目やキャラのイメージだけ、といったネーミングも多く見られます。
b0295775_20393052.jpg

ところでこの画像もご覧ください。向かって左側の野口竜氏のデザインによる不思議獣ブヨブヨは、ヒンドゥーの神ガネーシァのイメージもを実に上手く取り込んであると言えます。一方、向かって右側の稚拙な画像ですが、恥ずかしながら私自身がデザインした不思議獣ヘビヘビです。かつて、私自身のギャラリーブログ「オリジナルの怪獣怪人」の中にリファイン案としてアップロードした作品の一つです。
実際、不思議獣ヘビヘビは登場しています。しかし、従来の不思議獣のデザインコンセプトを大きく無視した、単なる「蛇女」「蛇怪人」といった地味なイメージです。他の敵キャラが動物モチーフ怪人で統一されている作品の怪人でさえ、蛇モチーフの女怪人のデザインに、ギリシャ神話っぽく頭から無数の蛇が頭髪の様に生えている、というデザインコンセプトが使用されているというのに!何故、民族美術モチーフ怪人が売りの「シャイダー」の不思議獣に、逆に余りにも本来から外れたオーソドックスなデザインが使用されたのか?怪人モチーフセオリーやデザインに少しでも詳しい人なら、きっと不可解に感じた筈です。(おそらく、野口竜氏のデザインではないと思います。野口氏なら、少なくとも実際に登場した様なデザインにはしなかったでしょう。)
私オリジナルのヘビヘビは、古代ギリシャ美術のゴルゴン(三姉妹の異形怪物)と、ヒンドゥーの蛇神ナーガのイメージをミックスしました。野口氏ならきっともっと上手くデザインを纏め上げた事でしょう。
ところで、実際に登場したヘビヘビは、この後の「仮面ライダーブラック」にヘビ怪人として、コブラ怪人のパートナーとして登場したら面白かったんじゃないか?と思います。

尚、民族美術モチーフの怪人は、「変身忍者嵐」の西洋妖怪スフィンクスやドーテムやクンバーナ、「ゴレンジャー」や「バトルフィーバー」の一部の怪人達。「星獣戦隊ライブマン」のイリエスの配下の怪人、等にも見られますよね。
[PR]
by kosaisiarai | 2014-01-11 19:30 | メタルヒーロー怪人